本文へスキップ

Sado Institute of Living Creatures

事業紹介work

(一社)佐渡生きもの語り研究所は、環境と経済が循環する持続可能な農業の実現を目指しています。

▼ 田んぼの講習会・勉強会開催(市民および農家対象)

末永くトキと共生していくために、そして生きもの豊かな田んぼとその景観を維持していくために、講習会や勉強会を開催しています。

畦で自ら虫網を振るってみる(2018/7/20 カメムシ講習会)

 

畦草の種類とその特徴を学ぶ(2018/7/20 カメムシ講習会)

 

「お米の可能性を探る」(2018/2/17 市民講習会)

 

あぜ道から考える生きものと地域づくり(2017/3/4)

 

▼ 田んぼの環境学習受け入れ(島内外の総合学習、地域や集落の行事等)

「トキと共に暮らしていく米づくり」「生きもが豊かな田んぼで遊ぶ」「田んぼの生きものの暮らしをのぞいてみる」

小学生から大学生や大人まで、佐渡の世界農業遺産(GIAHS)・米・トキなどについて学ぶ体験学習の受け入れを行っています。

   

 

   

 


▼ さど里山こびりぃ隊(独自事業)

「里山で遊び、里山の恵みを楽しむ」

「さど里山こびりぃ隊」は、里山にある林や笹、田んぼや畑を手入れする体験を通して、人が手をかけることで育まれる恵みや生きものについて学ぶプログラムです。(年12回程度を予定)。
里山の移り変わる四季の中で、汗を流して、遊んで、こびりぃ(作業の合間のおやつ)を楽しみます。

 

 

▶ さど里山こびりぃ隊 facebookページ(生きもの研 facebookページ内)

企画・運営:(一社)佐渡生きもの語り研究所
※この活動は、セブン-イレブン記念財団(2014、2015、2016、2017年度)および、こしじ水と緑の会・朝日酒造自然保護助成基金(2014、2015、2017年度)による助成を受けて行われています。


▼ 佐渡Kids生きもの調査隊(佐渡市委託事業)

佐渡島内の小学生3年~中学生を対象に、1年間の無農薬のお米づくりを通して、田んぼの生きものと人とのつながりを考えます。また、他地域の子ども達との交流会を行い、各地の取組みを学んだり、佐渡の取組みや調査隊活動の発表を行っています(委託:2012年度~)。

 

▶ 佐渡Kids生きもの調査隊 facebookページ

事業主体:佐渡市、朱鷺と暮らす郷づくり推進協議会
企画・運営:(一社)佐渡生きもの語り研究所


▼生物多様性アクション大賞2013でHPに掲載されました。
佐渡Kids生きもの調査隊紹介ページ http://5actions.jp/feel/sado_kids/


▼ 佐渡トキファンクラブ(佐渡市委託事業)

トキ野生復帰の年(2008年)に全国の方にトキ野生復帰の応援をしていただくためにスタート。2018年3月時点で、全国に約7,400人の会員がいます。
入会・年会費無料で、月1回のメールマガジンの配信、佐渡・トキの最新情報や、佐渡の特産品のプレゼント企画など、配信しています。(会報誌の郵送も行っております。有料:年4回発行500円)


▶トキファンクラブホームページはこちらのバナーをクリックして下さい。

事業主体:佐渡市
事務局運営・ホームページ管理:(一社)佐渡生きもの語り研究所


(一社)佐渡生きもの語り研究所

〒952-0103
新潟県佐渡市新穂潟上1101-1
トキ交流会館2F

TEL/FAX 0259-22-2658
(TEL 8:30 ~ 17:30 平日)

Mail:ikimon#sado-ikimonoken.jp

▲ 迷惑メール対策の為、#を@に変換してお送りください