本文へスキップ

佐渡生きもの図鑑

佐渡に生息する生きものに目を向けてみよう。


佐渡生きもの図鑑には佐渡で実際に撮影された生きものを掲載しています。

佐渡市では、6月第2日曜、8月第1日曜を「佐渡市生きもの調査の日」と
設定しました。
実際に生きもの調査をする際にご活用ください。

佐渡生きもの図鑑について

佐渡に生息する生きものを佐渡で実際に撮影された写真を掲載しています。
佐渡市「朱鷺と暮らす郷認証米制度」の一つである「生きものを育む農法」「生きもの調査の実施」など、身近にいる生きものを観察する際にお役立て下さい。

「ジアス(GIAHS:世界農業遺産)」
 佐渡市は平成22年12月に石川県能登地域とともに日本初の認定申請をし、平成23年6月、両地域の登録が決定しました。ジアスとは、FAO(国連食糧農業機関)が提唱している「Globally Important Agricultural Heritage Systems」の略称です。後世に残すべき生物多様性を保全している農業上の土地利用方式や景観について、FAOが認定するものです。
 ▼GIAHS:世界農業遺産(佐渡市ホームページ)

「朱鷺と暮らす郷認証米制度」
 「佐渡市で栽培されたお米」「生きものを育む農法で栽培」「エコファーマーの認定を受けた生産者」「農薬や化学肥料を削減」の基準で栽培され、取り組みについて、佐渡市水田農業推進協議会が現地確認をし、佐渡市が安全・安心な佐渡米であること証明します。
 ▼朱鷺と暮らす郷認証米制度のご案内(佐渡市ホームページ)

「生きもの調査の実地」佐渡に暮らす生きものの調査は、豊かな水田環境の創造と安全・安心の発信に大きな役割を果たします。



▼佐渡生きもの図鑑
 作成:一般社団法人 佐渡生きもの語り研究所
 協力:佐渡市民・生きもの係り・佐渡市・朱鷺と暮らす郷づくり推進協議会